質の高い情報と希少な情報 -価値ある情報の創り方

「情報」とはなんであろうか。

一般に使われる「情報」という言葉は、実はいくつか複数の意味を持っているのかもしれない。

1 質の高い情報

質の高い情報とは、主に先人たちの知恵。

 

先人たちが練磨し、仮説検証の上たどり着いた上澄み部分。

到底1個人ではたどり着けないような境地にある、巨人の肩の上の人の肩の上。

 

たとえば、哲学の世界、経済の世界、政治の世界、ビジネスの世界、それぞれの世界について同時代の洗練、時代の選別がなされたものたち。

 

幸運なことに、現代ではこれらの多くに書籍でアクセスできる。

一方不幸なことに、これらの情報は誰でもアクセスできる。

 

図で表すとこの部分になる。

 

f:id:Manga_Maestro:20161030201710j:plain

 

 

2 希少な情報

希少な情報とは、一個人が体感した経験そのもの。

 

どこにも代わりのものはない。

唯一無二。

 

たとえば、山の奥にある未使用な広いスペースの発見、子供が生まれた際の味わったことのない感覚、特定の地域で感じる厳かな雰囲気、自分の感受性をMAXにして出会ったものたち。

 

幸運なことに、これらは行動によってアクセスできる。

一方不幸なことに、これのみではこれらの情報は個人的な価値以外持たない。

 

図で表すとこの部分になる。

 

f:id:Manga_Maestro:20161030201727j:plain

 

 

 

 

 

価値ある情報

f:id:Manga_Maestro:20161030202102j:plain

これら2つの「情報」は、それのみを持って価値を提供することはない。

 

「質の高い情報」は誰でも手に入れることができ、「希少な情報」は自己を超えない。

 

そのため、

 

「質の高い情報」は、 

f:id:Manga_Maestro:20161030201750j:plain

のように、レア度を

 

 

 

「希少な情報」は、

f:id:Manga_Maestro:20161030201807j:plain

のように質を高めていく必要がある。

 

 

そのため、長く言われ続けている

 

「書を読め!!」

 

 

「書を捨てろ!!」

 

は一見矛盾するように見えて、

 

前者のアドバイスは、「情報の質」を高めるために、
後者のアドバイスは、「情報の希少さ」を高めるため

に発せられていて、共に有益である。

 

まさに、

 

二律背反の高次元での融合

 

といえる。

 

 

 

「質の高い情報」を持っている人は、往々にして「物を知っている」と思いがちである。

また一方で「希少な情報」を持っている人は、「物を知らない」と思いがちである。

 

 

これらは本当はそれぞれ種類の違う「情報」を持っているだけ。

 

質 × 希少さ

 

が行われたときに初めて、真に価値のあるものが生まれるのかもしれない。

f:id:Manga_Maestro:20161030202507j:plain

 

 

 

 

「本ばっか読まず、外に出な?」

 

 

「リア充生活ばっかじゃなく、本読みな?」

 

 

このどっちかが響いたら、そのどちらかをやってみてはどうだろうか。

それが今のあなたに足りないほうだから。

 

 

 

そんな感じで、おあとがよろしいようで。

 

 

<目次>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

 

 

<関連記事>

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

www.kirikuchi.net

 

ABOUTこの記事をかいた人

conote inc. CEO / 弁護士1年→アカツキIPO1.5年→西粟倉村1.5年で辞める / 「人生でもっと遊ぼう」と決意→日に日に楽しくなる→「あ、これもありなんだ!」みたいな発見を日々発信 / 元高専 / "小難しく考えて、シンプルに生きる" / HUNTER×HUNTERふりーく。