「起業するなら東京でしょ!」は間違いだからね?

 

ベンチャー企業で、上場まで担当しました。

 

関連記事:株式会社アカツキを退職しました 。

 

なんてことを言っていると、血気盛んな若者から連絡をもらうことがある。

そういう若者のエネルギーというやつはなかなかなあれで、単純に「すごいなー」と思うのだけれど、なんとなく違和感も感じる。

それがようやっと腑に落ちたので徒然なるままに書いてみたい。

 

その子達の考えているサービスのクオリティーや、一緒にやる仲間等は千差万別でワクワクする事も多いんだけど、なんかみんなこぞって

 

「起業するなら東京でしょ!」

 

という無意識の前提があるような気がする。

 

 

これはなにも

「シリコンバレーでやらなきゃ、本当の起業じゃないでしょ」

とか言っているわけではなく、

(それが適切ならそうすればいいが、行ったことないので僕にはあんまりわからない)

 

「え?それだけサービスとかユーザーとかコンセプトとかグロースの仕組みとか考えられるのに、なんで場所は東京限定で考えているの?」

 

という単純な疑問である。

 

いやそりゃ確かに、東京のような日本の大都会ではインプットや視点の数、出会う人の多様さは地方と大きく違うよ?

 

関連記事:地方出身者って、東京に逃げてきてない?

 

 

けど逆に言えばそれだけだ。ライバルも多いしね。

上記と自分のサービスが一番生きる場所とは本来別次元のお話。

 

ちょっと、自分のサービスに

× LOCAL

をかけ合わせてみるのはどうだろうか?

 

 

「田舎でやったらそのサービスめちゃくちゃ刺さるのではないかしら?」

 

というね。

 

結局グローバルも、LOCAL×LOCALでしょ?

東京とかニューヨークとか、世界的にみたら例外だと思うんだよね。

あんな人口集中都市。

 

東京で一番の起業家になるよりも、岡山県の津山市で一番の起業家になったほうが、目立つし、色んなチャンスが降ってくるし、行政のバックアップもあるしいい事だらけだと思うんだけどなー。

 

あんまりそのあたりの利点を考えずに、「とりあえず東京!」って思っているんだったら、ちょっともったいないよね。

 

それにメリットだけの観点ではなく、LOCALにも本当に本当に格好いい経営者がいるよ?その人達のことを知らずして起業を語るのももったいなくね?

 

一度LOCALも掛け合わせてみてもいんじゃないでしょうか。

 

ということで、おあとがよろしいようで。

ABOUTこの記事をかいた人

conote inc. CEO / 弁護士1年→アカツキIPO1.5年→西粟倉村1.5年で辞める / 「人生でもっと遊ぼう」と決意→日に日に楽しくなる→「あ、これもありなんだ!」みたいな発見を日々発信 / 元高専 / "小難しく考えて、シンプルに生きる" / HUNTER×HUNTERふりーく。